about会社概要

ごあいさつ

代表社員・社長林 泰正

Challenge for the next society.~社会に貢献する技術を~

私は、食・エネルギー・環境。この3つの社会問題に貢献したいと思い、これまでも活動してきました。
これらの問題は、ひと昔前まで、それぞれ別の独立した問題と受け止められてきましたが、これらの問題はお互いに影響を受けるため、問題を解決するためにはバランスを取る必要が出てきています。
そして、これ以外の社会問題も含め、情報技術も活用した未来社会として、日本では”Society5.0″というキーワードが作られました。
我々の身近にある事でも、見えていない事、知覚しにくい現象は、まだ多くあります。一方で、様々な社会問題を情報技術を使って解決するには、現実世界の情報を検知し、情報化する小型で普及しやすいセンサーが必要になります。

我々は、小型で生産性の高いセンサ技術を独自開発してきました。また、当社は、これまでも、内閣府の研究プロジェクトを通じて、Society5.0につながる研究開発にも関わってきました。
SG-Labでは、センシングデバイスや計測技術を通じて、次世代社会にも貢献する技術を提供して参ります。

会社概要

”SG-Lab.”は、ホルトプラン合同会社のセンサ商品ブランドです
社名ホルトプラン合同会社
所在地大阪:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟6F
神戸:〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-10-2-302
電話番号06-7878-8911
代表社員・社長林 泰正
従業員数5名
事業内容センサデバイス・センサ応用品の研究開発・製造・販売
環境制御システム(農業ICT)の開発・製造・販売
研究受託(国の委託研究を含む)
主要取引先
取引実績
ダイキン工業株式会社
パナソニック株式会社
株式会社きんでん
清水建設株式会社
本田技研工業株式会社
エスペックミック株式会社
三基計装株式会社
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
(順不同・敬称略)
海外代理店韓国:株式会社Humott
研究受託実績内閣府:SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)
内閣府:PRISM(官民研究開発投資拡大プログラム)
農林水産省:食料生産地域再生のための先端技術展開事業(先端プロ)

CONTACTお問い合わせ

導入・お見積りご相談はこちら